読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yorikosan’s blog

思いつくけれど口に出しては言えない事を書くブログ

ネットに顔写真を載せること

togetter.com

 

この記事に関しての自分の意見としては、

「お悔やみの言葉や悲しみの言葉がある前提で、文章だけなら、許したくはないけれどもギリギリ許容する。写真、しかも配偶者を撮影して掲載という時点で自分なら無し」

となる。

 

そもそも論として、SNSに自分の本名や顔写真を掲載していること自体、自分は抵抗がある。

web広告の人に

「顔写真を載せることによって、お客様に安心感を持ってもらえます。掲載しましょう」

と言われたが、うちの代表は「似顔絵ならいいけど写真はだめ」という人だった。

私はビジネスだったら致し方ないと思うけれど、写真の自分はあまり好きではないから、なるべくなら載せたくない。

 

DMMの講座に登録したくて、Facebookの登録をしたことがあるのだが、

登録した途端にバーッと電話帳の人達のFacebookが「友達かも」と送られてきて、恐ろしかった。情弱なので。(最初は公開しない設定だったのだけれど、それだと受付てもらえなかったのだから仕方ない)

えええ!?みんなこんなに顔写真載せてるのー?!と衝撃を受けた。

 

何か事件がある度に、個人情報がネットに集められるのが怖くて仕方がない。

 

あと、ご遺体を撮影することに対することに対するタブー感が、最近薄れているようで、話題になったけれど、

「そういう非常識な人が身近にいたら嫌だなー」

と思っていたら、いとこが自分の親の葬式の時にビデオ撮影をしていて、私の方がおかしいのかと悩んだ。

一部譲って、式場はいいと思うよ。でもさ、でもさ。それ、録画して後で見るの?

さすがに火葬場では断られていたけれども。

火葬場で「撮影禁止」なんて張り紙をみる日も近いのかなあ。

 

大切な人がいなくなるっていうのは、覚悟をしていても、割り切れないものがある。

配慮も必要ではないかな。