読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yorikosan’s blog

思いつくけれど口に出しては言えない事を書くブログ

会社?

www.ysbibouroku.com

 

片方の見解しか読んでいないので、会社側にも言い分があるのかもしれないし、フェイクもあるのかもしれない。

社風が色々あるし、郷に入っては郷に従うこともあるのかもしれない。

 

でも、それにしても、「こんなやり方をする会社が今の日本にあるとは思わなかった」が最初の感想だったりする。

そうでもないんだろうか。

 

上記は会社をクビになった人のレポ。

報告書をあげただけで解雇勧告。

この会社、業績もあかんのではないか?

大丈夫なのか?

 

この方は、退職合意書にサインを要求されていて、冷静に判断して断っている。

普通の人はそれが出来ないので、素晴らしかった。

交渉するのが嫌なのと、精神的な苦痛に負けて、「こんな会社辞めてやる!」と自暴自棄になってしまう人が多いと思うけれど、そんな方には

某弁護士先生の格言

「プライドは金にならない」

を置いておきます。

 

対立は一般的には良くない。

喧嘩はなるべくしない方がいい。

たかりもしない方がいい。

けれど、客観的にみて、正当な権利があるなら戦おう。

読んでいる限りでは、裁判をすれば多分勝てたと思うけれど、裁判は面倒だから、

100万円で手を打つという、現実的な判断をしているのもすごい。

しかも社会人一年生で。ゆとりとか言ってるけど、しっかりしてる。

ここまで個人で交渉するってなかなか出来ないのに。

 

「閑職にまわす。ボーナスも出さない」

(それでもやめない)

「大人の対応だとは思えないけど」

 

お前の方が大人の対応ではない、とここで吐き出しておこう。

 

ここからは個人的な話。

ある方が、こちらに対し「裁判するぞ!」と言っていたが、内容が内容なだけに、受けて下さる先生がいなかった。

訴状くらい出させてもいいのではと思ったけれど、無理だと判断されたのかも。

 

そうしたら、「訴えるなら、訴えてください。こちらは受ける覚悟があります」という手紙が届いた。

こちらに訴える理由はないので、相手の要求に答えられるわけもなく、放っておくしかなかった。

 

私も自分の感情の持って行き場がなくて、このブログを作ったのだから、気持ちはわからないでもなかった。

でも、これは八つ当たり。 

今は連絡がないから落ち着いたんだろうか。幸せになってくれているといい。

 

色々な弁護士さんがいて、必ずしも聖人君子ばかりではないけれど、

上の方のように困ったことに直面したなら、相談するだけは、30分5,000円なので、どんどんした方がいいと思う。

法テラスもあるし。

紹介だと初回無料の事務所もあるし。

若い先生に当たってがっかりする人もいるかもしれないが、

意外と若い先生の方が親身になってくれることもある。

情熱があるから(笑)。

 

セカンドオピニオンじゃないけれど、最初の先生で納得できなかったら、他の先生に相談して、納得いくまで頑張るといいかも。

 

早く次の職場が見つかって、そこではお仕事をまっとうできますように。