読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yorikosan’s blog

思いつくけれど口に出しては言えない事を書くブログ

お金は大切

またお金の話。

yumi-fields.hatenablog.com


15000円で悩むっていい。
そのくらいの金銭感覚の方が人格が崩れないように思う。

私も「一万円を節約するよりも、一万円を稼ぐ方法」を考えたいタイプで、
体や心を壊さないなら、汗水垂らして稼いだ方がいいと思う。
仕事は選ばなければあるから。

ある人が仕事が出来なくなって引きこもってしまったので、働いてもらうのに、自分がまったく知らない所を紹介するわけにもいかず、単発のバイトを紹介してくれる登録所に行ったことがある。
大歓迎された。
私は結局登録もせず、申し訳なかったが、仕事がどうしても見つからなかったら、こういう所で日銭を稼ごうと学んだ。

そのある人は、登録して働いたのだけど、仕事に行ったら体調が悪くなって、救急車で搬送されて、とんでもない病気が見つかり、生活保護を受けることになった。
今はお亡くなりになられたが、あの時外に出して本当によかったと思う。
私たちではどうにも出来なかったが、福祉の方々が全力で協力してくれたから。


さて、
私は銀行マンがあまり好きではない。

融資を受ける人たちをよく見るのだが、
個人的には
「どう考えてもこのまま進んだら破滅なんだから、なんでもいいから理由をつけて貸すな」
と思うのに、銀行は貸してしまう。
必要な人には貸さないし。

なんでこんなに毛嫌いしているのかと考えたら、どうも昔勤めていた弁護士事務所の影響らしい。

銀行と対立する側にいたので、心に「銀行=悪」とインプットされているようだ。
大河ドラマを観ているとわかるが、立場によって、悪役なんてコロコロ変わるわけで、見方が狭いなあと自分でも思う。

今プライベートで付き合っている銀行員達もどうにも苦手だ。
唯一気のあう銀行員は、仕事でエネルギーを使い果たし、プライベートでは遅刻魔で、グダグダになる人である。
お互い様なので寛容になれるんだろう。ちょっと笑えない…。


さて、お金を稼ぐ話に戻るが、
堅実に稼いだ方がいいと思うんだけど、
欲が目をくらませるのか、一万円を稼ぐために三万円くらい損をする人というのが結構いる。

お金もうけをしたかったら、お金もうけをしたい人をお客にするのが一番儲かると聞いたことがある。

胴元が一番儲かるというやつ。

www.dokusyosensei.site

ここで「思考は現実化する」という本が紹介されていた。
自分は読んだことがないが、なんとなく内容は想像がつく。

「お金のブロックを外そう」系。「引き寄せの法則」系の場でよく出る話だ。


思考は確かに現実化する。

①お金持ちになる。自分はそのためにはどうしたらいいか考え、実行する人。

と、

②お金持ちになりたい。楽して儲からないかな~と思っている人。

では、どちらが金持ちになる確率が高いかと言えば、そりゃ①である。

「甲子園にいくんだ!」と思いながら研究し、そのための練習メニューを組んで努力している高校と、
「甲子園に行けるといいな!」と思いながら漠然と努力している高校との違いみたいなもの。

暗い顔をしている人と、笑顔でいる人では、笑顔の人の方がもてる。

風水みたいなもので、統計に出てるというか、先人の知恵だと思っている。

それをなんかこう、おまじないというか、願えばオールオーケーみたいな感じがちょっと苦手。