読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yorikosan’s blog

思いつくけれど口に出しては言えない事を書くブログ

エアクローゼットに関する考察②

最近の重いエントリーから一転。

またエアークローゼットについて。


エアークローゼットの解約を申しこんだ。

 

このシステム自体は基本的には夢がある。

でも問題は、このシステムの料金の大半が「送料」に費やされていること。

 

私の周りにも興味のある人は一定数いたのだが、

①古着を着ることに抵抗がある。

②サイズがあわないと思う。パンツは特に。

③宅配を受け取ったり、出したりが面倒。

というお答えだった。

宅配については解約アンケートの選択肢にもあった。

やってみると簡単なようで結構な手間だった。特に今話題のヤマト運輸なので、罪悪感が芽生える。

 

このシステムは、「ある程度の経済的自由」がある女性でないと利用出来ない。

その「ある程度の経済的自由」がある女性は、エアークローゼットの服では満足が出来ない。

届くブランドが、その女性達が利用するブランドよりもランク下だから。

自分だけという可能性もあるので一応検索してみたが、

ROSIEE、ANNA KERRY…

ああ、そのブランド、うちにも来たよという名前が並んでいる。

大手ファッションビルや百貨店で取り扱われるブランド?

見たことないぞ。

 

だったら買うよね。セールで。アウトレットモールで。ユニクロで。

古着が大丈夫なら古着屋で。ヤフオクで。

きたブランドの古着の値段を見たら、1000円だった時の悲しさと言ったら。

 

私は首都圏にいるので、買い物がしやすいから、買い物がしにくかったらどうだろうと考えたけれど、最近のアパレルサイトは返品無料キャンペーンも頻繁にしているので、ネットの買い物に抵抗がなければ問題ないと思った。

 

唯一、スタイリストがネットの向こうにいて、それとやりとりが出来るということの価値をもう一度考えてみたけれど、何かに似てると思ったら、

通信教育の進研ゼミ「赤ペン先生」だった。

 

創業者の奥様が「着る服がない」とたくさんの服があるクローゼットで言っていたからこのサービスは出来たという。

その発想は素晴らしいけれど、奥様はこれではリピーターにならない。

 

月額設定も、ライト6,800円。レギュラー9,800円。

レギュラーに「人気★」って付けてるけど、人気なわけではない。他に選択肢がないからだ。

多分一ヶ月から数ヶ月で辞める人が多かったから、10ヶ月プランなるものが出来たのだと思う。

 

高い勉強代だったけれど、後悔はしてない。

ネット戦略の参考にはなったかな。

 

 

以前、「ミスター某有名大学」のSNSで、「ここオススメ!すっごい良かったよ!親切で!」という宣伝をしてもらうという広告を売りに来た某有名大学の学生さんがいた。

やたらと「ミスターミスター」と言っていて、他のオススメ文句がなかったらしく、

非常に甘いプランニングだったものだから、辛辣な社会の洗礼を浴びて、ショックだったらしい。

「後悔しますよ!」という捨て台詞をはいて帰っていったのだが、今はどうしているだろう。

その後、まったく見ない。

 

リブセンスっていう会社をなぜか思いだし、久しぶりに株価を見た。

ジョブセンスもみたけど、ネット検索して上に出てこなかった。