読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yorikosan’s blog

思いつくけれど口に出しては言えない事を書くブログ

ビックビジョンでオーダースーツを作った

ビックビジョンに、採寸していたスーツが出来上がったので取りに行ってきた。

エアークローゼットを頼む前のことである。

なぜこんなに洋服に散財しているかといえば、

体型が変わったから

の一言で済んでしまうのは、少し悲しいが仕方がない。
今までだましだまし着ていたジャケットがパツパツであまりにみっともなくなってしまったので、クローゼットを今かなり入れ換えているのだ。

既製品だとスーツが上下しっくりこないので、いっそのことオーダーしてしまおうと採寸予約をした。
ビックビジョンという店は、レディースにも力を入れていて、ネットを見ている限りでは40000円程度で作れてしまう。
だったら百貨店のブランドよりも安い。試しに作ってみようと思ったのだ。

教訓…セール時期は確認してから行くこと

ビックビジョンは年に数回大きなセールをする。
決算セールが主なもの。新春や季節の変わり目、新規開店などもある。

これを逃すとかなり痛い。

オーダースーツは、出来上がるまでに時間がかかる。今すぐに必要な服ではないはずだ。
今すぐに必要な服でなければ、「セールを待てる」はずだ。

しかも。「ポリエステル生地は基本的に扱われていないに等しい」
20代のはじめてのスーツならともかく、社会人としてある程度の人間は「ポリエステルのオーダースーツなど言語道断」的な何かを感じた。

自分にとってスーツは作業着なので、意識の差に戸惑った。
ポリエステル上等。スーツのアオキだって上等。
ユニクロのジャケットだって、相当なレベルまで来ていて、シルエットのダサさは、セミオーダーで注文すればそれなりのものになるのでは?
とりあえず肩幅や身幅があっていて、汚れがなければ、いいじゃないか。

スーツは戦闘服の職種もあるが、自分はそこまでではないのだ。
女性にもてそうな見た目の派手な男性が、グレーに紫のストライプのおしゃれスーツを着ていて、「高いところで買ったのは見てすぐにわかるけど、営業は濃紺かグレーで来てほしい」と思われるよりいいじゃないか。

おかげで、海外のブランド生地になり、本当ならジャケット+スカート+パンツの三点セットで買おうと思っていたけれど、予算にあわず、パンツを諦めた。

その後で、セールを知ったのである。
セールなら、パンツを諦めずにすんだので、皆さんはそんな失敗をしないように。
私の屍を越えていってほしい。

セール前なので生地もあまりなくて、「こういうのにしよう、ああいうのもいいな」などという夢は夢のままで終わった。

作ったスーツは動きやすくて、作ったこと自体は後悔していないが、市販のスーツを買ってあわない所は直すという方法でも良かったと思う。