読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yorikosan’s blog

思いつくけれど口に出しては言えない事を書くブログ

エアークローゼットがまた届いた

ファッションというものは、スタイリストが「これがいけてるんです!」といえば、イケテしまうものなのか。

友人もファッションが好きなので、いつも小綺麗にしている。
家族のファッションチェックがあるらしく、みっともない格好は許されないそうだ。
それこそ、自分専用のスタイリストがいるということで、人の目の入ったファッションはやっぱりカッコいい。
とりあえず、その友人のスタイルは素敵だと思えるくらいのセンスはあると自分では思っている。

さて、エアークローゼットである。
どう見ても、「在庫のある中でこれしかないのでこれがイケテるってことにしておこう」な気がするのは気のせいなのか。
あわないだろ。これがこなれ感なのか?
いやいやいや、百歩譲って、これが着こなせる可愛い女の子もたくさんいると思うよ。
それが自分ではないだけだろう。
だがしかし、それでは「自分専用のスタイリスト」の意味がないじゃないか。

しかも、前回と同じようなワンピースの色違いはさすがにおかしくないか?
サイズがないのはわかる。わかるけれど、もう少しなんとかなると思うぞ。
少なくとも自分がスタイリストなら選ばないぞ。
新しい服との出会いがコンセプトの商売なんだから。いや、新しい服との出会いにはなったが。

10億調達したはずなんだけどなあ。
その資金はどこにつぎこまれたんだ。

9800円でもペイしてないんじゃないかと思えてきた。
たとえ、そのうちの3000円が送料だとしても。2500円がクリーニング代だとしても。
人件費を削りに削っているとしても。

古着の販売利益と、他社への広告販売でのビジネスモデルなんだな。
でも、それだったらもう少し工夫しないとまずいのでは。