読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yorikosan’s blog

思いつくけれど口に出しては言えない事を書くブログ

美大に行きたい子供に何を言うか

自分は叶姉妹の公式LINEを登録している。

びっくりしたのが、毎朝、

「ファビュラスモーニング♪」

という言葉と共にバラの花の画像が送られ、

毎夜、

「ヘブンリーな夜と、ローズの愛の香りを、プレシャスな天使があなたに幸せと一緒に届けてくれますように。KISS♪」

という言葉と共に美香さんや恭子さんのおっぱいが強調された写真が届くこと。

 

あと、一日に三回ブログを更新することだ。

まめだ。まめすぎる。

 

だから自分が一日に二回更新してもいいよねという言い訳である。

 

 headlines.yahoo.co.jp

 

これの回答のお父さんはすごい人だと思って読んだ。

インダストリアルデザインを勉強したいという娘を先見の明があるとみるのはいいとして、美大でそれを勉強出来るのかという疑問が自分には残る。

大学で他の勉強をしながら、誰かに師事するのではだめなのかと。

 

知り合いのお嬢さんも美大に行ったが、古美術の修復士になりたいという。

絶対になくならない仕事なので、これは応援したけれど、他の選択肢があるなら、他の選択肢の方がいいんじゃないかという思いは消えない。

 

自分の時には自分のやっていることを大人に理解してほしいと思っていたくせに、いざ、逆の立場にたつと心からの応援というのは出来ないものだと思ってしまった。

 

www.mikinote.com

 

ええ?そうなんだ?なんで?と思ったら、

 

 「自己表現をしたい!だから芸大に行きたいんだ!」という、欲求が人一倍強い人間を立ち止まらせると、ろくなことにはなりません。

 

という理由だとか。なるほど。

 

絵を描いたり、音楽の演奏をする人は、自分を言葉で表現するのが苦手な人が多いそうだ。自分を言葉で表現できないから、別の方法を使う。

 

引用先のブログに書いてあった。

 

承認要求を満たしたいだけで、自分の気持ちを誤魔化してないか

 

(中略)

 

そうなると、本人に芸術に対しての深い愛情がなくとも、気持ちが良くなって「自分は芸術が好き」と勘違いしてしまうのだ。

一旦そのような気持ちを味わうと、もっと多くの絶賛=承認を得ようと努力を始めるようになってしまう。

 

運よく、承認要求を満たせる絶賛を受け続ける事ができれば問題ないが、現実は甘くはない。どこかで、壁に突き当たる事になる。承認要求だけで努力を続けてきた人間は、そこで折れてしまう。

なぜなら、本当に芸術が好きではなかったからだ。

 

 (中略)

 

行く道が困難でも、本人が芸術の事を真の意味で愛しているなら、克服可能だろう。

だが、単に承認要求を満たす為の道具として、好きと誤解しているなら、その道を進む事は悲劇でしかない。

 

なんですか。このシビアなご意見。

 

その通りで、

本当に芸術が好きな人は作成していることや、それに囲まれていることが幸せなので、それに対しての評価に執着をあまりしてない。

けれど、承認欲求を満たすためだと、芸術の世界はとても苦しいところになってしまう。

承認欲求の強い人は、ガラスのハートを持っているので、粉々に壊れることも多い。

それを無視できるハートの強さがあればいいのだが。

 

叶姉妹も、エゴサを毎日やっているくらいだから、人の評価は気にしていると思うけれど、

なんというか、強い。

あそこまで突き抜けてしまうと、もう、何も言えないというか、

こうはなれないけど、こうなりたいというか、

恭子さんの哲学は美しいし、元気になれる。

そこは見習いたい。 

ポエムブロガー

www.saiusaruzzz.com

 

なるほどなあと思うエントリーであった。

 

ポエムブロガー以外の何者でもないここの自分と、ビジネスブロガーの自分がいるけれど、ビジネスブログの方は昔ほど更新していない。

更新すると問い合わせが増えるので、検索上位なのはブログをまめに更新しているからだと思っていたのだが、

ホームページ診断の人に「ブログはあまりSEOの効果はない」みたいなことを言われてから、更新頻度が減った気がする。

ただでさえ、誰が見てるんだと思っている所に、萎える言葉は効いた。

でも、やっぱり更新はした方がいいと思う。

誰が見てるんだと思ってても誰かが見ているんだもの。お客様の話題に出るときにはびっくりするぜ。

 

ビジネスブログは、なぜ書くまでに時間がかかるんだろうか。

宿題を前にうだうだしている小学生のようだ。早くやってしまえと思うのに。

 

ちなみに、このポエムブログにスターを下さる方には、本当に頭が下がります。

もう、本当にすみません。ありがとうございます。

 

www.mikinote.com

 

自分は気になるブログを下書きにためておいて、似たようなことを書くときにひっぱりだしてくるのだが、

これをはじめてみたときはすんごいタイトルだったから、劇薬だと思った。

その通りだけども。

 

自分自身を見つめなおすためのツールとして「ブログ」というものは最適だと思います。

 

本当にそう。

他のツールでは「自分自身を見つめなおす」というところまでいかない気がする。

「告知」ならフェイスブック

「吐き出し」ならTwitter

そんな感じか。

お嬢様と身内の七光り

「お嬢様と呼ばれること」

 というブログの書き込みをみた。

どうしようかと思ったが、ちょっと書いてみる。

 

自分も中学受験の選択肢があった人間で、(実際はともかく)お嬢様と言われる立場だった。

 

自分もそれが嫌だったが、実は相手が言っているのは、経済的にどうこうではない。

それに気が付くのに、自分は結構な時間がかかった。

今も少しずつ自分を修正している途中だ。

 

年収1000万円って、この辺りはお金持ち?まあまあ?

そのあたりの感覚が人によって違うけれど、自分はその方々はお金持ちの部類に入れている。

その方々はその年収を得るために苦労しているので、「等価交換」ってやつだと思ってもいる。

たまに、親の資産だとか、株の配当などで悠々自適の人もいるかもしれないが、必ずどこかで苦労する。

金銭的にではなく、人からバッシングを受けたり、子供のことで悩んだり、社会性がないので一般社会で生きづらかったり。

いい思いだけしてる人っていうのは、いない。

 

投資で成り上がってる人も、リスクをとっている。

そのリスクを運ではなく、自分で回避しているから、成功しているのだ。

 

自分の場合、父母の代は明日の米に困ったけれど、私の代は衣食住は満たされていた。

諸事情で、心にはぽっかり穴があいていたから、普通の家庭(【別名・理想の家庭】普通の家庭とは何かという定義も人によって違うけれど)に憧れていて、

ある人が「家族でワイワイと食卓を囲むような家庭は、ドラマの中だけだと思っていた」と言うのと自分も似たようなことを思っていた。

でも、これも等価交換だと思う。

 

 

俳優の高橋一生の弟さんはネバヤンというバンドのボーカルらしい。

 

matomame.jp

 

 「(高橋)一生くんが『実はさ、僕の弟歌手やってるんだよね。ネバヤンって言うんだけどさ』って。共演していた松田龍平くんが、『俺ネバヤン好きだよ』って言って、軽井沢の道端でネバヤンを聴いたんですが、すごくいいなって思いました。まだ20代のバンドなんですけど、どこかノスタルジックで懐かしくも新しいサウンドが素敵です」と撮影時のエピソードを明かす満島。

 

気持ちはわかるし、高橋一生の弟だからデビューしたわけではないだろうし、努力してきたんだろうけど、一部仕方のない部分はある。

テレビは今視聴率が稼げず、スポンサーがいる以上、少しでも一般視聴者に「チャンネルはそのまま」にしてもらわないといけないので。

 

フィギュアの本田真凛は、妹の女優 本田望結の姉と言われることに関して、

「私、ラッキーだね」といえるだけの、精神的な成熟さがあって、

今は妹の方が、「本田真凛の妹」になりつつあると思う。

本当に彼女は大人だなあ。

 

同じ音楽畑のDAIGOは竹下元総理の孫であることに対し、

「人生1度きりだし、ロックバンドをやっている以上はとにかくライブを観せないと、という思いがずっと根底にあって。そして僕のことを知っている人が多ければ多くなるほど、僕たちのライブや曲に触れてもらえる機会も増えることになるので」

と言える悟りに20代後半でいきついてる。

AIGOはオンエアを必ずチェックしているそうだ。

ちゃんと自分が何を求められているのかを理解して努力している。

自分は求められていることよりも、自分のやりたいことに意識がいってしまうので、こういう人は本当に尊敬する。

 

高橋一生は昔から舞台で有名で、自分は知っていたけれど、

「急に出てきた」と友人は言っていたので、世間的な認知はそんなものらしい。

少し前なら「高橋一生の弟?誰?」となっていたわけで、この先もどうなるかはわからない。

高橋一生が今後も第一線を突っ走るとも思えず、今だけの事だから「ラッキー」でその波に乗ってしまってもいいのにとは思うけど、人によるか。

 

松田龍平松田翔太は、父親の存在を自分たちでねじ伏せた。

 

昔、無名の役者さんと一緒に飲む機会があって、当時の某有名二世俳優の事を「親の七光り」と揶揄していたのを聞いたことがある。

現場では気を遣わない人で、いい役をもらってもパッとしなかったらしいんだけど、その某有名二世俳優は、未だに現役だ。

今も主役級とはいかないが、イメージがいいのでCMもあるし、この間は映画の犯人役をうまく演じていた。

一見誠実そうで人柄の良い人に見えるので、悪役に向いているのだ。

顔もいわゆる美形ではないから、余計に使われるのだろう。

 

無名の役者さんは、たぶん、今は他の仕事についていると思う。

 

世の中は不公平だけれど、仕方ない。

 

自分の行動でそういう言葉をねじ伏せないと、言われることはずっと続くから、自分も少しでもねじ伏せられるように努力していこう。

承認欲求

 

アドラー先生は読んだけれど内容を覚えていない。

褒められることを求めるなってことだったか。

読んだ時には「そうだ~」と思った気がするけれど、心に響かなかったんだな。

大愚元勝住職の講義の方が好きだ。

 

Twitterをやっていないので、この「いいね」が欲しいというのはよくわからないのだが、承認欲求というのはよくわかる。

ブログもノートに独り言を書けばいいものを、なんでネットに公開するのか。

心のどこかにきっと「聞いて聞いて!」という思いがあるからだ。

 

 

続きを読む

成功者

エイプリルフールでも、面白い嘘がつけないので通常運転。

虚構新聞」の嘘記事を本気にしたことがある自分にそんな高等なことは出来ない。

HAHAHA、それがエイプリルフールの嘘ですか~と思われる方もいるだろうが、

確か、フランスパンで人を殴り傷害事件を起こしたとか、そんな内容だったと思う。

まさかそんなということがあるんですよと、人に解説した後に、元ニュースを検索されて嘘記事と教えてもらった。

ああああああああ、思い出すと恥ずかしい!

 

 

このバーのマスターの記事は、個人的に好きなので気が向くと読んでいるが、今回はちょっと思う事があったので書いてみる。

ここに書いてあることは「成功する人」の条件でもないように思う。

一部はあっている。でも全部じゃない、みたいな感じ。

 

すごく偉そうに振る舞ったり、自分の権力や地位のことを言いがちな人でちゃんと成功している人って、あまり見たことがありません。

 

 

その通りなんだけど、なんとなく、ユニクロの柳井社長とか、ソフトバンクの孫さんとか、ホリエモンさんとか、アパ会長元谷さんとかは、若干こう、えらそう感があるというか…。

自分たちの地位のことはいわないし、権力に執着はないけれど。

圧倒的なカリスマ性がある方々は違うのかな。一度は必ず奈落に落ちるので、上記の「ちゃんと成功している人」に該当しないのかも。

 

以下、「ちゃんと成功していない人」の例。

私が以前一緒に仕事をする予定だった人は、誰もが名前は知っている会社の営業マンで全国上位3名以内の売り上げをコンスタントにあげていたそうだ。

コバンザメタイプというか、子分になれるタイプで、ねちっこく、決定権者にとりこみ、何度も足を運んで、プライベートも運転手をやって、酒の席には必ず顔を出し、けれど酒は飲まず、(飲めるけど飲めないと言っていた)余計な話もせず、とにかく相手に気持ちよくなってもらう。

その行為自体は営業の鏡なのだが、出してくる提案が「全部自社のため、つまりは自分のため」の仕事ぶりだったので、自分はこういうタイプの営業が本当に嫌いで、私が嫌っているのが伝わるので、何故だろうと思っていたらしい。

その会社の他の営業も同じような感じだったので、社風だったのかも知れない。

望んでカモになりたい人間はいないだろう。

色々あって取引はなくなったのだが、縁は切れなかった。

そこはさすがコバンザメでしつこかった。

 

その会社は業績が悪化し、今は他の会社に吸収合併されている。

その営業もたまにくるくらいになった。

 

ちなみに、アントレなどに掲載されているフランチャイズの話は、概ねカモ狩りだと自分は思っているので、やってみようと思っている人がいたら、周りの人は止めてあげて下さい。

 

芥川賞作家、羽田圭介さんの成功者Kなる本があって読みたくなったけれど、あらすじ以上のものはなさそうに思えたので、購入は見送りました。

花見とモッフルとたこやき

今日は本当に独り言。

こんなに寒いのに、花見は本当にできるんだろうか。

自宅の近くに桜があるので、今年は自宅で友人を招いて花見をする予定なのだが、
寒い。

たこやきパーティーをやろうといいながら、流れ流れているので、今年はやりたいのだ。

我が家の最近まったく使っていないモッフル機も準備万端なのに。

モッフルというのは有名だと思っていたのに、友人は知らなかった。

我が家は、今は亡き父の影響か餅好きで、正月になると大量の切り餅を買ってしまう。
最近のパック切り餅は長持ちするので、翌年まで持ってしまう。
でも、新しく買ってしまうのループ。

切って乾燥させてあげ餅にしたり、色々やったけれど、手間がかかるし、普通には食べたくないという時に見つけたのが「モッフルメーカー」だった。

餅を薄く切り、間にチョコをはさんだモッフルが好きだ。(カロリーが高いのに)

たくさん作って食べたが、飽きて今は棚にいれたまま。

たこ焼きは久しぶりに作るので練習中。
イマイチが二回続いているので、銀だこを買ってきてしまいたいと思いつつ、諦めたらそこで試合終了なので、また頑張ってみる。

つい最近「諦めたらそこで試合終了」って言葉を聞いたけれど、これは死語?死語っぽいな…。

テンションがあがるまつエク

www.nych87.com

 

最初、「外出のための外出ってなんだ?」と思い、旅行の為に服を買いに行くことがそれに当たると知った。

まつエクのために精神を削って外出をしたという。

お疲れ様でした。

 

まつエクとは、息抜きにいくものだと思っていた…。そうか、イベントの為にいく物だったのか。

彼氏に振られた友人が初まつエクでテンションをあげ、生きる活力をもらったので、そういうものに位置づけていた。

自分は毎朝のマスカラの時間を軽減したいという理由だった。

時間>お金

当時はこういう価値観だったので。

オイルクレンジング派の為、維持する手間を考えると、マスカラでいいやとなったが。

 

自分は昔、こういう贅沢なことをする人は、よほどのお金持ちだと思っていたから、駅前にネイルサロンやまつエク専門店などが出来るたびに、

「そんなにやる人いるんだろうか…?」と思っていた。

 

友人が(私ではない。しかも友人も伝聞)

「美人はストレスが溜まったら、エステに行くんだって。だからドンドンキレイになっていくんだって。

ブスはストレスが溜まったら、食べ物に走るんだって。だから太ってドンドンブスになるんだって」

と教えてくれた。

 誰だよ、そんな厳しい事を言ったのはと今でも思うが、それが現実なんだろう。

おかげでスイーツでストレス発散する回数は減った。

 

個人サロンにいくせいか、いびきは聞いたことがない。ただ、作業中私も寝てしまいそうになり、目をバチッと急に開けてしまったことがある。

作業している人は驚いたろうなあ。あのときは失礼しました。

 

 

最近の漫画事情を知らないから、ひょっとしたらこの漫画はコピペなどでそんなに時間のかかっていないものなのかもしれないけれど、

この漫画を描く作業の方がよほど大変なのではと思う私は、もう絵日記ブログなんか出来ないなと思う。

 

昔、絵日記ブログを開設していたとき、ありがたいことに楽しみにして下さる方もいたのだが、私は息抜きの為にブログを描いていたので、更新は気が向くときにしていた。

今のブログのように気が向けば連日更新するし、そうでなければ放置する。

仕事ではないから当たり前の事なんだけれど、

「更新待ってます」

というコメントが、ブログを放置していると入るようになり、重くなってしまった。

 

一応、

「気が向いた時に描きますのでよろしくね★えへへ!(本文はもっと真面目)」

と書いて更新したけれど、

その次の日だったか、また

「更新楽しみにしています」

と入った。

 

恐怖を感じた。

 

好意を持たれているのに、恐怖を感じるって何これと思った。

 

そんなこと気にしてたら、ブログなんて出来ませんよーという人の方が多いと思うけど、息抜きにならない以上はやる意味がなく、しばらくして閉鎖した。

 

見る方は一瞬。描く方はそれなりの時間。

 

仕事でも私はPC関係の事ならササッとやってしまうので、上司に簡単に依頼されることがある。

「簡単に言うけど、どのくらい時間かかるかわかってるの?」と思う時がある。

しかもそれが、根本的な所で間違っていて、

(他のチームの依頼ものだったのだが、そのチームが欲しいものはそういうものではなかった)

「こうではないか」「あの人にやって貰った方がいいのでは」と食い下がってはみたものの、「いいの、いいの。チョチョっとやってくれれば」と言われ、

上司の上司に相談したものの、直属は上司だったので、上司の指示に従えということになり、やっても無駄な作業をすることに私が切れて、その上司との関係が壊れた。

やっても無駄でもとりあえずやり、無駄だったということを上司に理解してもらうのが正解だということを教えてもらったので、感謝はしている。