読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yorikosan’s blog

思いつくけれど口に出しては言えない事を書くブログ

ゴールデンウィーク

今週のお題ゴールデンウィーク2017」

天気が良ければ茶摘み。
金沢にも行って観光。金箔を貼ってくる。

土日は仕事なのだが、他の人は土日が休みだということに気がつかず、なんでそんなに遅い時間の新幹線にするんだよおと思っていた。

スケジュールがキツキツなので、体力がもつか心配で、昨日の約束はキャンセルしたかったが行ってきました。ネズミの国へ。

なんだかんだいって、楽しかった。
修学旅行生がたくさんいた。
遅く行ったのでファストパスがほぼなかったけれど、空いていたので楽しめた。

もう、ディズニーやめようよ。
他のところでゆっくりしたいんだよ、私は、という気持ちで朝はいたけれど。

そんな思いは相手にも伝わっていたので、気をつけよう。

会社?の続き

ボイスレコーダーのことが書いてあったので、ボイスレコーダーについて。

最近のボイスレコーダーは性能がよくてかなり音を拾う。
とはいえ、隠してると録音は難しい。

労務問題ではないけれど、自分は「録音してもいいですか?」と聞いた上で、テーブルの上で録音した。

だが、これは、既に相手との関係が悪化していたから出来たことであって、
普通は「喧嘩うってんのか、てめえ」になるので、使いどころは難しい。

相手との関係に修復の余地があるのであれば、使わないか、見えない所でというのが望ましいのでは。
ボールペン型ボイスレコーダーなど、便利グッズがたくさんあるので。

たまにPTAなどで脅しのように使う人がいるらしいが、ネットにアップするというのは、私刑であり、その他色々と問題があるし、ただの憂さ晴らしではないか。
一部切り取りもどうかとは思う。

ボイスレコーダーが効果的なのは、相手側が大きな会社でイメージを大事にしている場合や、
自分達のやっていることが違法、もしくはスレスレだと理解していて、相手をなめて丸め込んでしまおうとしている時。
強引に契約に持ち込もうとしている時など。

かなり相手方が慎重になる。
自分も冷静になれる。

コールセンターに電話をすると、「サービス向上のために録音させていただいております」とアナウンスされるけれど、あれと同じ効果がある。

精神的に罵倒に弱い人には良いアイテムかもしれない。

※ 一番いいのは、どんな方とも円満に応対できることなので、よろしくお願いします。
※ 相手との円満な関係のために、笑顔なども効果があります。
※ 自分の感情の整理のために、深呼吸なども効果があります。

会社?

www.ysbibouroku.com

 

片方の見解しか読んでいないので、会社側にも言い分があるのかもしれないし、フェイクもあるのかもしれない。

社風が色々あるし、郷に入っては郷に従うこともあるのかもしれない。

 

でも、それにしても、「こんなやり方をする会社が今の日本にあるとは思わなかった」が最初の感想だったりする。

そうでもないんだろうか。

 

上記は会社をクビになった人のレポ。

報告書をあげただけで解雇勧告。

この会社、業績もあかんのではないか?

大丈夫なのか?

 

この方は、退職合意書にサインを要求されていて、冷静に判断して断っている。

普通の人はそれが出来ないので、素晴らしかった。

交渉するのが嫌なのと、精神的な苦痛に負けて、「こんな会社辞めてやる!」と自暴自棄になってしまう人が多いと思うけれど、そんな方には

某弁護士先生の格言

「プライドは金にならない」

を置いておきます。

 

対立は一般的には良くない。

喧嘩はなるべくしない方がいい。

たかりもしない方がいい。

けれど、客観的にみて、正当な権利があるなら戦おう。

読んでいる限りでは、裁判をすれば多分勝てたと思うけれど、裁判は面倒だから、

100万円で手を打つという、現実的な判断をしているのもすごい。

しかも社会人一年生で。ゆとりとか言ってるけど、しっかりしてる。

ここまで個人で交渉するってなかなか出来ないのに。

 

「閑職にまわす。ボーナスも出さない」

(それでもやめない)

「大人の対応だとは思えないけど」

 

お前の方が大人の対応ではない、とここで吐き出しておこう。

 

ここからは個人的な話。

ある方が、こちらに対し「裁判するぞ!」と言っていたが、内容が内容なだけに、受けて下さる先生がいなかった。

訴状くらい出させてもいいのではと思ったけれど、無理だと判断されたのかも。

 

そうしたら、「訴えるなら、訴えてください。こちらは受ける覚悟があります」という手紙が届いた。

こちらに訴える理由はないので、相手の要求に答えられるわけもなく、放っておくしかなかった。

 

私も自分の感情の持って行き場がなくて、このブログを作ったのだから、気持ちはわからないでもなかった。

でも、これは八つ当たり。 

今は連絡がないから落ち着いたんだろうか。幸せになってくれているといい。

 

色々な弁護士さんがいて、必ずしも聖人君子ばかりではないけれど、

上の方のように困ったことに直面したなら、相談するだけは、30分5,000円なので、どんどんした方がいいと思う。

法テラスもあるし。

紹介だと初回無料の事務所もあるし。

若い先生に当たってがっかりする人もいるかもしれないが、

意外と若い先生の方が親身になってくれることもある。

情熱があるから(笑)。

 

セカンドオピニオンじゃないけれど、最初の先生で納得できなかったら、他の先生に相談して、納得いくまで頑張るといいかも。

 

早く次の職場が見つかって、そこではお仕事をまっとうできますように。

旅行の準備

ゴールデンウィークは、いつも直前に決める。
直前までいけるかどうか、わからないから。

キャンセルで空いた部屋がとれればラッキー。
とれなければ、客の足元をみたゴールデンウィーク値段を払ってビジネスホテルに泊まることもある。

今年もラッキーだったので、いつもよりは割り増し値段とはいえ、立地の良いホテルをなんとかとれた。

私はプランニングをするのが好きで、
ネットで情報を集めて、予定表を作る。

以前の旅行は
「え?これ個人旅行なの?旅行会社のプランじゃないの?」
と言われたそうで、ちょっと誇らしかった。

楽しんでもらえるのも嬉しい。
昔は文句を言われてたので、慣れてきて手配がうまくなったのなら、成長だ。

東京駅に8時半くらいで考えていたら、
「いつも東京駅(会社の場所)に7時半には着いてるから、もっと早くていい」
とのこと。

いやいやいや、その前日に私、静岡にいるから。疲れてるから。
しかも、当日ライトアップをみる予定を組んで、翌日も朝からの予定を書いてあるのに、なぜそんなに元気なんだと思いつつ、その時間の新幹線を取る。

日本の会社は何故そんなにも朝が早いのか。
なぜ24時近くに「今帰りの電車」という連絡をもらうのか。
22時だと「今日は早いね」と思うのは異常ではないのか。
この辺りが人によって感覚が違うので、アンケートをとりたいときがある。

私の方が時間があるので、こういった手配はだいたい私がする。

最初は、旅行代理店のサイトに予約した。
その旅行プランが確保できているのだと思ったら、
「これからホテルも新幹線も手配します。 48時間以内に返答します。とれなかったらごめんなさい」という予約だったので、慌てた。

旅行代理店で枠をとっているのではないのか!

翌日電話してキャンセルし、自分でホテルの空き状況を確認し、新幹線をとった。
旅行代理店の役目ってなんだろう。
キャンセルの電話した時点で手付かずだったし。
いや、48時間以内の返答でもいいんだ。
とれるなら。
でも、とれないかもしれないのを48時間も待てない。

とりあえず、なんとか行けそう。

ブログの功績2

このブログは、サブタイトルの通り、

「思い付くけれど、リアルな世間では言えないことを書く」

ためのものだった。


この間、

「あなたはいい子過ぎる。考えていることがわからない。ちゃんと私はこう思いますと伝えなさい」

とある人に言われたのだが、

実はこれを指摘してくれた人は三人目、いやもう少しいる気がする。


この辺りが複雑で、

「いい子」に見える。

「思ったほどではない」とバレる。

周囲の「期待するのはやめよう」という心に自分の心が反応し、空回りする。


チャンスはたくさんもらうのに、思っていたように出来ない。

そんな事が続いていた。


思っていることを言葉で表現できない人は、他のツールを使う。

だから、私の作品をみた人は、

「私っぽい」けれど

「こんな事を考えていたのか」

という驚きがあるようだった。


お金を頂くレベルには至らなかったので、その道には進んでないけれど。


本当に言いたいことは自分でもわからなくて、本音ではないことを言っていた。


「あなたは感情を押し殺してきたから」

と言われたとき、

自分は感情的になるからうまくいかないのだと思っていたから、

言われている意味がわからなかった。

 

感情を押し殺していた場から離れて、ちょうど一年がたった。


当事者のうちは何も見えてなかった。

良い勉強をさせてもらった、と一応負け惜しみではなく言えるくらいまでは消化したようだ。


うさるさんが、「三ヶ月で吐き出したいことは終わる」

と書いてあったけれど、本当にその通りで、

今はブログに何を書こうかと思ったときに、

「いきなりステーキに行かないとか言ってたくせに、出先にたまたま店があったので、食べてきちゃいました。

肉がアメリカンな肉でした。

立ち食いだと思っていたのに椅子席もありました。

ランチはリーズナブルだと思います。

でも、200グラムも食べられません」


だと知って、

「ああ、私は心が本当に癒されてきたんだ」

と思った。



 

 

 

 

 

 

脱毛エステ

www.nych87.com

 

いやいや、そりゃ依頼来ますよ。

たまっていけば書籍化もすると思ったエントリーは証拠にとっておこう。

 

自分も脱毛などに興味はない人間だったが、あるきっかけで気になり始め、ちょうどその頃、友人が光脱毛をやっていて、全身終わりかけだったので、その紹介で行った。

彼女はしっかりしているので、かなり店を吟味していたから大丈夫だろうと。

向こうも友達紹介でサービスを受けていたのでwinーwin。

 

彼女が言うには、色々な店があったらしい。

 

①脱毛のケアのためにクリームを買わせる。しかも高い。

(このクリームでないとダメだみたいなことを言われるらしいがそんなことはない。保湿目的ならニベアで十分だ。お金が思っていたよりかかりそうなら、医療レーザーを検討してもよいはず)

②ひとつ終わると次のパーツ

(脱毛はパーツごとの契約が出来る。脇などはスモールパーツ、腕や足、背中などはラージパーツ。面積が大きくなればお値段も高くなる)

の営業がしつこい。

 

らしい。

脱毛っていうのは、試しにやってみると、あそこも、ここも気になる、となっていくので、営業するのは良いと思う。

でも、

「脇だけ0円♡期間無制限」

みたいなお店は他のパーツの契約をとることが前提なので、口コミ要確認かも。

予約が全然とれない店は忙しい人はやめた方が良いし。

 

今は競争が激しくて、何かあるとすぐにネットに書かれてしまうので、昔よりはアコギな店は減っているのでは。

脱毛はそれなりの金額がかかる。自分の予算にあった計画をいたしましょう。

 

エステサロンの女性は自分が商品見本なので、気取ったタイプなのも商品見本の一部だと思ってる。

私にはスタッフさんが自分の腕を見せながら説明してくれたのだけど、

これって、

「最新の技術は自分の体で試す高須クリニック院長」

みたいな気がして、美容部員もそうだけど体を張って商売をしている人のことを、自分は結構尊敬している。

 

バカだったので、「毛がなくなったら、発汗に影響があって、汗が出にくくなるのでは」とか、「サウナに入れなくなるのでは」とか、変な心配をしていたが、そんなことはなかった。

 

顔のうぶ毛まで脱毛できるのも知らなかった。

指毛も。

そんなところまで女性は見られるのかあ…と思って、意識がかなり変わった。

 

体操の男性選手が脇毛の処理をするべきか否かっていう話題が五輪の時にあって、自分は男性はしなくてもいいんじゃないか派だったけど、その時点ですら、日本で賛否両論だったから、もう時代の流れは「処理」なんだろうな。

 

平野美宇のようになりたい

自分は卓球選手でもなんでもないけれど、

素直に

「この子、かっこいい」

しか出なかった。

 

今日は検診で送迎の車の中でめったに観ない昼間の番組を観ていた。卓球のアジア選手権で世界ランキング1,2,5位を撃破し、優勝したとのこと。

ほぼ平野一色だった。

おめでとうございます。

 

努力、根性、忍耐、謙虚といった日本人独特の美徳があまりなくて、悲壮感がなく、「あ、優勝しちゃいました!」って感じも、時代が変わったと感じる。

 

彼女がプレイスタイルを大きく変えて、石川佳純を撃破したのは知っていたし、リターンがとても速いというのも知っていたけれど、

改めて観て驚いた。強い。早い。

目でラリーを追うのも大変なのに、その早いリターンが右に左に自由自在で、丁寧(世界ランキング1位の中国人選手)が普通の選手に見えた。

これ本当に日本人?と思ったくらい。

 

平野選手は、リオ五輪で選手に選ばれなかった屈辱を、エネルギーに変えたという。

簡単に言うけれど、そんなことは誰もが思うことで、でも、なかなか自分を変えるまではいけない。

その精神的強さに感動した。

彼女のように自分もありたいと思えた。

 

自分は少し前まで、多勢に無勢というか、どう考えてもおかしいという事に賛同せざるを得ない状況が続き、反対勢力になるが故に攻撃を受けまくり、自信がなくなっていたので、自分が間違っているのか、自分はどうすればいいのか、自問自答していた。

 

こうしろ、ああしろという人達に、『うるさい』と心で不満を言い、腐っていた。

心にたまって淀んでいたから、

カラッと

「誕生日に丁寧かよ。誕生日最悪だわと思っていた」

と言えてしまう平野が好きだ。

 

「今日だけは天狗になって、明日はその鼻を折ります」

と現実が見えている平野も好きだ。

 

元気をもらえた。

マスコミが彼女をつぶさないでいてくれればと思う。

伊藤美誠選手がもう少しランクアップして、マスコミの注目が分散するといいけれど。

 

彼女の明るさと強さと努力に救われた一日。

 

ありがとう、平野!おめでとう!!